Home

黒酢で身体の内側から体質改善

TOEFL Junior(トフルジュニア)

TOEFLは、英語を母語としない非英語圏の出身者の大学教養レベルでの英語運用能力を測るテストですが、TOEFL Juniorはその中高生版です。

TOEICの教材のようには、おおくのテキストは販売されていません。

海外の日常生活や学校生活で用いられる実際的な英語を題材にしたテストで、2010年に韓国、南米、ヨーロッパ、中東などで正式に導入され、2011年には、日本でも導入が開始されました。

リスニング、文法・語彙、リーディングの3セクションで構成されていて、テスト時間は110分。合否判定はなく、600~900のスコアで評価されます。

TOEFL Juniorテストのレベルは、英検と比較するとおおよそ英検3級~準1級程度のレベルであると言います。

そのため、小学生からでも受験が可能です。

2012年第2回の試験(2012年11月18日(日))は東京、横浜、大宮、名古屋、大阪、神戸、札幌、福岡で開催され、TOEFL Junior日本公式サイトより申し込みが可能です。

テストを受けると、ETSが発行するOfficial Score Reportと日本版スコアレポートの2種類のスコアレポートが届けられ、世界の中での自分の実力を知ることが出来ます。

公開テストの個人受験料は4,200円(税込)です。

TOEFL Junior日本公式サイトには、サンプル問題も用意されているので、興味のある方は、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

Return to page top